MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

豊島の家 12〜外壁下地工事〜|東京の建築設計から

前回は「豊島の家 11〜外壁工事〜」の話でした。

豊島の家:外壁下地工事

外壁に全面的に構造用合板を貼ったら、防水シートの設置です。

茨城の家の時と同様に、透湿防水シートを丁寧に貼ってゆきます。

この施工が非常に大事です。

文字通り「透湿」で「湿気は通す」が、「防水」するシートです。

様々な構造形式がありますが、防水は非常に大事です。

中でも、水分によって腐食する可能性がある木造建築では、防水は工事の根幹です。

豊島の家:外壁下地工事

隣り合うシートには、十分な「重なり代」をとって、丁寧に施工します。

そして、メーカーの基準に沿ったピッチで、留めてゆきます。

豊島の家:外壁下地工事

豊島の家では、テラスが突き出して、軒がある建築です。

軒と外壁の切望部分は、水が集まりやすいので、丁寧に防水工事をする必要があります。

この工務店の現場監督は、非常に経験が豊富で丁寧な工事をしてくれます。

その力量と姿勢が、丁寧な施工に表れています。

豊島の家:外壁下地工事

豊島の家の屋根は、「平らな陸屋根」です。

平らに見えるのは外観で、実は「パラペット」と呼ばれる立ち上がりをつけています。

そして、その内部の屋根には緩い勾配があり、雨水を流すような構造になっています。

パラペットの部分には、金属の笠木をつけて、納めます。

この笠木と防水の取り合いも、非常に大事な部分です。

笠木には水切りがついていますが、金属と木の異質の材料が接合する部分です。

そういう部分の工事は、特に配慮が必要です。

次回は、胴縁を設置する工事です。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次