MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

茨城の家 8〜柱と梁の構造を強くする金物工事〜|東京の建築設計から

前回は「茨城の家 7〜屋根工事〜」の話でした。

今回は、軸組に金物を設置する工事です。

屋根工事も完了し、少しずつ建築の姿が見えてきました。

柱梁の接合は、様々な大地震を経て建築基準法の法改正が進み、基本的に全て金物で補強します。

土台と柱・筋交の金物

古来からの継手・仕口は木造建築の「しなやかな強さ」である柔構造は、木造の本質的な構造の良さを活かしています。

しかし、柔構造主体の過去の建築は、大地震の際に大きな損傷や倒壊することが多く、金物でガッチリ固めます。

「柔構造と剛構造の間」のような構造となります。

また筋交の大きさも、昔の木造住宅と比較するとだいぶ大きくガッチリと軸組を固めます。

筋交と間柱

これから外壁・内壁を貼ってゆきますが、その際にはある程度の間隔で木材の下地が必要で、間柱と呼びます。

間柱より大きな断面のガッチリした筋交で、木造軸組の耐震性を高めます。

テラスを見る

屋根が作られると、建築のコンセプトが現れてきます。

構造模型 3

設計で考えていたことが、目の前に現れて来ると
楽しい気持ちになります。

リノベーションの際の構造補強と比較すると面白いです。

次回は、構造用合板を貼る工事です。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次