MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

リフォーム前の状態をしっかりチェック|東京の建築設計

前回は「色々な選択肢の中から、たどり着く設計案③」の話でした。

本棚の壁:現地調査

こんにちは。

今回は、リフォームの設計をする前に、私たちがどのような取り組みをしているのか、ご紹介したいと思います。

本棚の壁:現地調査

リフォームをするにあたって、
今の家の状態を知ることはとても重要です。

現地で確認しなければわからないことなどもありますし、行ってみて気がつくこともあります。

建主から本を沢山お持ちだと聞いていても、実際に拝見するとどれくらいの量なのかも確認できます。

そして、これらを納める本棚が、どれくらい必要になるかも把握できます。

本棚の柱:現地調査

図面が残っていればベストですが、

図面は、ないです。

建主が図面を、お持ちでないこともあります。

その場合は、私たちが現地で実測して元の図面をつくります。

図面がある場合は、図面と現状を照らし合わせながら、現地を視察します。

現状の様子を記録して後で確認できるように、大切な個所は写真も沢山撮っています。

あの場所って、
どうなっていたっけ?

その時はしっかり気に留めていても、意外と思い返すと覚えていない事って仕事以外でもありますよね。

そのような時の為の、備忘録でもあります。

本棚の柱:1/50模型(Copyright : YDS)

その後、現地調査での情報と元の図面を参考にして図面をcad化で復元します。

そして、作成した既存図面を基に、イメージを考えて、設計に入ります。

普段私たちがどのように進めているか、雰囲気や様子を知っていただけたらなと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次