MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

山の中の木のホテル:設計コンセプト②|東京の建築設計

前回は「山の中の木のホテル:設計コンセプト①」の話でした。

オーガニック・ルーフ(Copyright : YDS)

建物の形が決まり、建物を支える構造を考えます。

今回は、木造軸組構造でデザインします。

他の構造でも仕上げに木材を使って、「自然な雰囲気」を作ることはできます。

今回は、木造ならではの均等グリッドによって「木の秩序」を生み出したいと考えました。

オーガニック・ルーフ(Copyright : YDS)

どの棟も等間隔で柱梁を配置して、統一感をつくり出します。

メインとなる棟のみ、構造から離して外壁をたてることとします。

主体構造から解放することで、窓の大きさを自由に大きく設けることが出来ます。

そして、木の柱と梁の構成がより明快になり、「山の中の木の柱・梁の森」に囲まれます。

オーガニック・ルーフ(Copyright : YDS)

主要な構造を決定したら、屋根を支える為の梁を検討します。

外観にも表れる、意匠としても美しい梁にしたいと考えました。

主要な梁よりも細い部材として、ピッチを細かく配列します。

そうすることで、繊細な和の優美さを表現しています。

オーガニック・ルーフ(Copyright : YDS)

この様な段階を経て、設計案が決まります。

設計は図面の2Dだけではなく、CGや模型などの3Dで検討することも大切です。

ここをこうデザインしたら、
どうなるんだろう?

あるいは、

これはどんな感じに、
みえるんだろう?

と考えながら、多角的な視野で検討してベストな案を生み出します。

オーガニック・ルーフ(Copyright : YDS)

このようにして今回は、「自然の中に佇む片流れの分棟が集合するホテル」というコンセプトになりました。

デザインは、最終的な形が大事ですが、私たちは「コンセプト」をとても重視しています。

私たちならではのコンセプトで、デザインを進めてゆきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次