自分の理想のキッチンを作ろう!|東京の建築設計から

前回は「世界で一つだけのこだわりのキッチンを作ろう!」の話でした。

今回は、建主の要望を詳細に詰めてゆきます。

工事契約の見積時の図面をもとに建主は色々と考えて、夢が広がります。

豊島の家の時は、キャビネットに「オーブンをつけたい」というご要望をいただきました。

国産・海外製をコスト含めて検討し、最後には奥様自身がショールームに行きました。

そして、製品を念入りに検討した結果決まったのが、ドイツ製Mieleです。

Mieleは、値段は国産よりもだいぶ高いですが、
性能は抜群です。

豊島の家:キッチン

キッチンボードも造作で制作して、建主ご希望の棚も設置しました。

ちょっとした棚は、調味料などが置けて、
便利ですね。

既製品のキッチンでは、オーブンはキッチンの天板の下に設置されていることが多いです。

私たちは「立ちながら開閉できる位置にオーブンを設置」する
タイプをオススメしています。

この時も天板とオーブンの下端を合わせて、機能性もデザイン製も高めました。

使い勝手抜群です。

豊島の家:キッチン

奥様の夢を詰め込んだキッチンの詳細図ができ、コストも確認したら着工です。

着工後、何度か現地で打ち合わせしますが、奥様は「自分だけのキッチン」に夢が広がります。

私たちの図面をもとに、建設会社が「施工図」という詳細な図面を描きます。

その施工図が出た後も、「やっぱりここは引き出しかしら?」と奥様は迷います。

その変更のご要望にも、出来るだけ対応致します

実費で費用が上がる場合、その分を工務店が頂戴しますが、コストをきちんと管理します。

私たちも工務店も、建主に喜んでいただけるよう、出来るだけの対応を心がけています。

豊島の家:造作キッチン 1

完成して、奥様は大変喜んでいただいております。

豊島の家:造作キッチン

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。


目次
閉じる