前回は「茨城の家 8〜柱と梁の構造を強くする金物工事〜」の話でした。

今回は、構造用合板を貼る工事です。
筋交の話をしましたが、木造住宅においては多くの場合外壁側に構造用合板という非常に強い面材を貼ります。
この面材によって、「面状に耐震性をアップする」考え方です。
HI041208-01m
構造用合板工事 1
日本古来の木造建築は、基本的に柱・梁の純粋なグリッド・軸組によって耐震性を確保し、筋交によって補強する考え方です。
これに対して、アメリカなどの木造建築のツーバイフォーの作り方は、パネルを繋げて面のように家を作ってゆきます。
HI_stm04m
構造模型 4(Copyright : YDS)
ツーバイフォーは全体的な面で耐震性を確保するので、合理的な面がありますが、軸組構造よりも構造的な柔軟性はやや低いです。
HI041208-02m
構造用合板工事 2
ツーバイフォーの「面による耐震性アップ」の良さを取り入れたのが、構造用合板によって「面の強さ」を確保する構造です。
多くの場合、9mmの構造用合板を貼りますが、非常に強くてガッチリした構造になります。
また、この9mmの合板を外側に貼ると下地となるので、外壁や胴縁を設置しやすくなるというメリットもあります。
耐震性アップと施工性アップという優れものが、構造用合板です。
HI041208-05m
構造用合板工事 3
内部から見ても、ガッチリした感じが分かります。
これで耐震性はバッチリです。
昔の家で構造用合板が使われていることは少なくて、構造用合板が一般的に使われるようになったのは2000年頃からです。
練馬の家では外壁の下地として細い木材が横に留められていました。

次回から外壁工事が始まります。

完成写真は↓です。
ご興味持って読んで頂けた方は、ぜひ下のボタンをクリックして応援してください!
ブログランキング・にほんブログ村へ