豊島の家 10〜断熱工事〜|東京の建築設計から

前回は「豊島の家 9〜筋交と金物工事 2〜」の話でした。

豊島の家:土台工事

柱・梁をしっかり金物で固定して、内部は土台をしっかり組み上げました。

土台はコンクリートの基礎で指示し、基礎のない部分は「鋼製束」と呼ばれる鉄製の束で指示します。

土台を設置する部分全てに、基礎コンクリートを立ち上げることも可能です。

しかし、手間とコストがかかり、合理的ではありません。

「構造上必要な部分」に基礎を立ち上げます。

そして「基礎の立ち上がりのない部分」は、鋼製束で支持します。

豊島の家:断熱工事

次は断熱工事です。

断熱は床・壁・天井全て行いますが、

最初に床の断熱工事となります。

今回は、少し厚めのスタイロフォームを施工します。

豊島の家:断熱工事

木造住宅用の断熱材を、井桁状の土台に合わせて、丁寧に貼ってゆきます。

こうしてみると、しっかり・隙間なく丁寧に貼られているのが、よく分かります。

隙間なく、貼るのが大事です。

豊島の家:断熱工事

近くで見ても、全く隙間がありません。

大工さんの腕の良さと、一生懸命施工してくれている姿勢が分かります。

次回は 、外壁工事です。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる