茨城の家 1〜縄張りと配筋工事〜|東京の建築設計から

前回は「練馬の家 7〜リノベーションの断熱計画〜」の話でした。

今回から「茨城の家」の工事の話をします。

この家は、僕の第一号作品で、拙い部分が多いものの、思い入れが強い作品です。

茨城県の沿岸部の地域に建築されました。

時代・地域性の違い・僕自身の経験差もあり、リノベーションの「練馬の家」 とは、少し違う視点から工事の話をします。

まずは、縄張りです。

縄張り

「豊島の家」のように都内の建築の場合は、隣地境界線からの離隔距離が小さくなることが多いです。

そのため、配置には建築基準法の法規等を再確認しながら、厳密に行います。

地方の場合は敷地が大きく、法規制のゆとりが大きいため、都内等よりももう少しゆったりした感じです。

「大体このあたりだね」という感じで
配置が決まります。

そして、縄張りを行います。

縄張りは非常に重要ですので、「少しゆったりした感じ」でも建築の申請図面通りとなるように、工務店の方々に実施していただきます。

日本語で「ここは私の縄張りだ」と自己のエリアを主張することがありますが、語源はこの建築における配置決めの工事からきています。

その意味では、日常生活に馴染みがあります。

縄張り後、まずは耐圧盤の施工から始まりました。

耐圧盤の配筋工事

配筋が完了すると、きちんと図面通りになっているかをチェックする配筋検査です。

配筋検査

ビシッと綺麗に配筋されていますね。

初めての検査でした。

こうして寸法をきちんと測りながら図面と整合性を確認するのは、大きな緊張感があったものです。

次回は、配筋工事の続きです。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる