MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

リビングを1階にして良かったところ③|東京の建築設計

前回は「リビングを1階にして良かったところ②」の話でした。

練馬の家:階段・玄関

練馬の家で、一階をリビングにして良かった点が、もう一つあります。

それは、

「リビングを通らないと、
2階の各部屋に行けない」ことです。

練馬の家:階段・玄関

子ども達が小さな頃は、「親と一緒」になりますね。

でも、子ども達が成長するにつれ、自我が出てきます。

そして、「親と関わる」機会が少なくなってゆきます。

これは、親の立場から見るとちょっと残念ですが、

それもまた、
子どもの成長ですね。

子ども達が中学生以降になると、自分の部屋に行きがちになります。

練馬の家:階段・玄関

もし、リビングが2階にあって、1階に個室があるとき。

帰ってきた子ども達は、自分の部屋に直行してしまうかもしれません。

練馬の家では、玄関からすぐリビングです。

玄関脇にベンチを兼ねた階段をデザインしました。

二階へ上がる階段へは、一度リビングを通ります。

子ども達が、すぐに2階の自室へ行こうとしても、リビングにいる親と顔が合います。

この時、

ただいま!

おかえり!

の一言でもコミュニケーションが出ますね。

練馬の家:階段

少しでも家族のコミュニケーションが生まれやすく、楽しい家を作りたいです。

オシャレな・美しい空間づくりを目指しますが、

住む方の気持ちを、
第一にしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次