MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

様々な階段のデザイン|東京の建築設計

前回は「やっぱり気になるコストのこと」の話でした。

豊島の家:階段

こんにちは。

階段はデザインや場所によって、様々な表現をすることができます。

豊島の家では、リビングと一体化させて吹き抜けの中に階段をつくりました。

そして、階段の段板の一部を延長させて、棚や机として機能させました。

豊島の家:キッチン

開放的な階段で、階段下も機能的になるようデザインして、リビングと2階を自然につなげてくれる存在です。

熊本の家:階段

熊本の家では、子供たちの落下を考えて途中で90度曲がる形の階段です。

玄関からリビングを通って2階へ行くという動線から考えました。

キッチンの横に、位置する階段です。

熊本の家:リビング

階段スペースとしては独立してあり、そこには2階にあるテラスからの光が注ぎ明るい空間になっています。

階段の下はキッチン関係の収納、
生活用品などの収納として機能しています。

練馬の家:階段・玄関

練馬の家では土間に面して階段があります。

一番下の段板を壁まで伸ばして、土間で靴を脱ぎ履きする時の腰掛ベンチとして機能させました。

練馬の家:洗面室

また階段の反対側は壁を隔てて洗面室となっています。階段の形を活かした収納棚として機能させました。

それぞれの住宅によって、階段にも設計者の思いが表れています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次