MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

地中海の美しい島々 13〜体験した空間を設計に活かす〜|東京の建築設計から

前回は「地中海の美しい島々 12」の話でした。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

少しクネクネした路地に入りました。

これまでは、段差はあるものの、比較的まっすぐな路地が多かったので、少し意外です。

白い壁とクリーム色・茶色の壁が、可愛らしい雰囲気です。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

クネクネ路地を抜けると、まっすぐな道になりました。

歩きにくい面があるかも知れませんが、少し道は湾曲したり変化がある方が面白いです。

その方が、道空間として楽しい雰囲気がありますね。

熊本の家では、2階の廊下をテラスを囲むように配置して、テラスからの光を楽しめます。

熊本の家:2階の廊下

家の中には、出来るだけ廊下を作らずに、部屋と部屋がつながる感じが合理的です。

建主のご要望などで、廊下が必要な時は、楽しい「道空間」になるようにデザインします。

こういう「道空間」は、ミコノス島などでの体験を活かしています。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

直線の路地が続き、ピンク色の窓・屋根の家も出てきました。

ピンクは奇抜な色ですが、不思議とマッチしています。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

雑貨店がありました。

なんとも愛嬌があって、可愛らしい雰囲気です。

白い壁・茶色の床面に、赤がビシッと決まって、可愛らしさを演出しながら、空間を引き締めます。

雑貨店で、お土産を買って、さらに路地を歩いてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次