MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

本棚の壁:リノベーション設計のプロセス②|東京の建築設計

前回は「本棚の壁:リノベーション設計のプロセス①」の話でした。

もともとあった吹抜に床を貼って増築し、子ども部屋を作る計画です。

吹き抜け上部は、勾配屋根になっています。

そこを個室するには、天井高を確保する必要があります。

その為には、屋根を新しくつくり変える必要があります。

屋根は防水工事などがあって、結構コストが掛かる。

コストと住まいの環境を考えて、設計を進めよう。

まずは、最小限の屋根の変更で
検討してみます。

子供部屋の一部天井を、高くする案を検討します。

本棚の壁:模型(Copyright : YDS)

屋根工事を最小限にすると、コストは下がるけど・・・

子どもにとって、居心地が良くなさそうだね。

そうですね。

屋根を工事する範囲を広げて、子ども部屋の天井高を確保します。

本棚の壁:模型(Copyright : YDS)

こっちの案の方が良いね。

お子様も、のびのび過ごせると思います。

子ども二人とも、中学生になったし、部屋で本読んだり
勉強したり、集中できるようにしよう。

屋根の工事は、出来るだけシンプルに設計して、
コストアップを抑制しよう。

わかりました。
ご提案図面を作成します。

本棚の壁:模型(Copyright : YDS)

検討した結果、建主には、屋根を大きく改修する案を提案することにしました。

予算もありますので、合理的・シンプルな設計で、コストを出来るだけ抑えることを考えます。

子供部屋は天井全体が高いほうが、
お子様が過ごしやすいです。

そのため、屋根を大きく改修した方が
良いと思います。

建主に模型をお見せして、ご説明します。

確かに、こちらの案の方が良いですね。

屋根の改修面積が大きくなると、
コストアップします。

出来るだけ合理的に設計して、
コストを抑える工夫をします。

この方向で、設計を進めて下さい。

屋根の改修範囲が決定し、内部の詳細の設計を詰めてゆきます。

竣工写真等は、下記サイトからご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次