アイデアはこんな感じで考えています①|東京の建築設計

前回は「こんな建物があったらいいな アイディアは無限です①」の話でした。

こんにちは。

私たちの仕事で、最初のひらめきや
「こんな感じにしよう!」と決まる時があります。

本棚の家1を例にして、その過程をイラストでご紹介します。

本棚の家 1:リビング

建主は、膨大な量の本をお持ちでした。

これらを収納できる「本棚の沢山ある家にリノベーションして欲しい」と、ご依頼いただきました。

また、もともと対面式のキッチンでしたが、キッチンはあまり見えない位置にしたいというご要望もありました。

本棚の家 1:リビング

そこから考えたものが、一列ずつの細長い本棚を並べ、間仕切りは壁ではなく、少し隙間のある並べられた本棚でキッチンとリビングの空間を分ける、というテーマで設計しました。

設計のプロセスをご紹介します。

まずご要望の本棚をつくって

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

本棚を一列ずつにカットします。

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

そして、部屋に配置します。

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

それを円弧上にカーブさせて、キッチンとリビングをやんわりと仕切って、

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

円弧の中心にスポットライトを置くと、

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

キッチンからライトを照らすと放射状に光が漏れてきます。

本棚の家 1:プロセス(Copyright : YDS)

このような流れで、設計しました。

このアイディアをもとに、図面を作成して
具現化していき、実現しました。

 竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる