MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

本棚の柱:リノベーションの設計プロセス⑤|東京の建築設計

前回は「本棚の柱:リノベーションの設計プロセス④」の話でした。

本棚の柱:1/50模型(Copyright : YDS)

「本棚の柱」というデザインテーマが決まり、設計を詰めてゆきます。

1/50の模型で、大体のデザインの方向性が確定しました。

ここで、建主がキッチンに大変こだわっていたことに気づきました。

大きなシンクと、大きな蒸籠の入るキッチン
にして欲しい。

今持っている食器棚を置く場所と、
新たに食器が入るスペースもほしい。

ご要望に合わせた
キッチンとします。

天板はステンレスがいいわ。

「大きな蒸籠の入るキッチン」を、製作することにしました。

ご希望に合わせたキッチンを、
模型で作ってみよう。

大きめの模型を作成します。

そこで、建主に納得・安心してもらえる様に、キッチンだけの模型を作成します。

本棚の柱:キッチン1/10模型(Copyright : YDS)

1/10のスケールで、サイズを聞き忠実に再現します。

本棚の柱:キッチン1/10模型(Copyright : YDS)

ボリュームだけではなく、引き出して中の様子もわかります。

これは、よく分かるね。

建主にも、喜んで頂けると思います。

本棚の柱:キッチン1/10模型(Copyright : YDS)

特注の製作キッチンですから、引き出し・開き戸など、全て建主の思い通りに作成できます。

本棚の柱:キッチン1/10模型(Copyright : YDS)

「大きな蒸籠」も再現しました。

これは、面白いし、とても
分かりやすいね。

本棚の柱:1/20模型(Copyright : YDS)

全体の模型も、大きなサイズで作成しました。

この模型で見え隠れなどを、
確認して、設計を進めよう。

今回はCGはなしで、模型でスタディして、
建主にご説明しよう。

模型をどんどん作ってゆきます。

次回は、軸組模型の話です。

完成写真は、下記からご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次