アイデア:揺らめく自然 7〜熊本の家〜|東京の建築設計から

前回は「アイデア:揺らめく自然 6〜House-S〜」の話でした。

熊本の家:テラス

今回は、熊本の家におけるらめく自然の話です。

光や風、雨を建築の内部に取り込み、自然を感じられるような空間を創ることを考えています。

空間に自然を内包し、

建築の内部で、
自然を体験できる空間を創りたいと考えています。

熊本の家:2階の廊下

建築の内部空間だからこそ感じられる自然の光や風、雨。

これらの自然は、日常で感じるものとは異なります。

日常で感じる表情とはまた違う表情を、
見せてくれます。

それらを住まいに取り入れ、四季折々の風情を感じられるような住空間を目指しています。

熊本の家では、二階にテラスを貫入させました。

そして、テラスから光や風などの自然を感じられるように意図しました。

熊本の家:2階の廊下

テラスを通して差し込んでくる光は、各部屋で様々に変化し、美を演出します。

雨が降った時、このテラスに降り込む雨をガラス越しに見ると、雨が降るという見慣れた光景がまた違って見えます。

そして、新たな発見があります。

「自然を包み込むような建築」を創りたいと考えています。

そして光をすくい取りたい、
と考えています。

このテラスから見上げた空は「自分だけの空」で、空が近く感じられます。

実際の空の高さは、このテラスから見ても地面から見てもほとんど変わりません。

それでも、空への心理的な距離は近づきます。

自然を身近に感じられる体験を、
大事にしたいと考えています。

完成写真は、下記からご覧ください。

目次
閉じる