アイデア:揺らめく自然 6〜House-S〜|東京の建築設計から

前回は「アイデア:揺らめく自然 5〜茨城の家〜」の話でした。

House-S:玄関ホール

今回は、House-Sにおける揺らめく自然の話です。

House-Sの設計において、各部屋の空間構成が大きなテーマとなりました。

光と風を住宅内部に引き込むために、テラスが貫入するデザインとしました。

茨城の家ではテラスは2階にあり、高さは1層分です。

House-Sにおいては、テラスの外部ヴォイドを2層分にしてました。

よりヴォリュームの大きなヴォイドを、建築に貫入することを考えました。

House-S:テラス

テラスが貫入することにより、リビングや和室などの各部屋に光と風が入り込みます。

リビングルームと同様に、階段やホールなどの主要動線を、テラスに面する空間に配しました。

中庭からの光や風を、
いつも感じることが出来るようにしました。

House-S:廊下

このテラスは、住まい手にとって中心の空間となります。

無限の広がりを、
生み出します。

テラスの貫入により、スリットを介して玄関ホールや階段の空間に自然光が差し込みます。

刻々変化する光の美を、演出する象徴的な光の空間となりました。

目次
閉じる