石神井公園の集合住宅 2〜レベル設定〜|東京の建築設計から

前回は「石神井公園の集合住宅 1〜地鎮祭〜」の話でした。

今回は、建物の高さを決めるレベル設定の話です。

地鎮祭が完了し、いよいよ工事に入ります。

レベル設定 1

個人邸の場合は、都内の3階建等以外では、高さ規制が大きな影響を及ぼすことは少ないです。

4階以上の集合住宅では、高さ規制が設計・デザインに非常に大きな影響を持ちます。

高さ規制は、建築基準法による日影規制・北側斜線、条例等による最大高さ等あります。

いずれの場合も、「高さを測定する基準」として「建築の平均地盤高さ」を設定します。

高さの基準レベルを設定して、「そこから高さを測定する」のです。

これは非常に重要なポイントです。

レベル設定 2

多くの場合は、付近のマンホールの天端を基準とします。

この建築でもマンホールを基準にして、敷地内のレベルを確認してゆきます。

これを間違えてしまうと、取り返しのつかないことになります。

私たち設計者が、現場監督と一緒に、
慎重にレベルを設定してゆきます。

レベル設定 3

写真右手にあるのは現場事務所です。

現場事務所は付近のマンションの一室を借りることもありますが、

この計画地はゆとりがあったので、一角にプレハブを建てました。

ここで、これから1年弱の間、現場打ち合わせを進めてゆきます。

次回は、試験杭の話です。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる