気持ちの良い木のテラス|東京の戸建住宅設計

前回は「そろそろリフォームをしようかなと思ったら①」の話でした。

豊島の家:外観

都心の商店街に建築した豊島の家を設計する際には、気持ちの良い木のテラスをご提案しました。

白い箱の建物に、このテラスが入り込んだ特徴的なデザインになっています。

豊島の家:テラス

このテラスから、住まいの隅々まで自然の光と風が
注ぎ込むイメージです。

自然光が中心の住まいですね。

豊島の家:リビングとテラス

リビングからみると、テラス越しに空が見えます。

「あ、今日はいい天気」とか「雲が動いている」と
空を感じてほしいと思いました。

リビングには吹き抜け越しにこのテラスから、自然光がさんさんと降り注ぎます。

豊島の家:リビングと階段

階段からテラスを見ると、この家の空間が立体的に広がってゆきます。

「お子様たちがこのテラスで遊んでくれるといいな」
と考えて、設計しました。

一年点検の際、建主ご夫妻から、「このテラスでお茶を飲むのを楽しみにしている」とお聞きしました。

とても嬉しく思いました。

まるで「輝く光の箱」のような、木のテラスは家の中心的な空間になると思います。

自然の光と風が、感じられるような空間づくりを心掛けています。

竣工写真は、下記サイトからご覧ください。

目次
閉じる