プロセス 5 : 熊本の家 5〜コンセプトを表現〜|東京の建築設計から

前回は「プロセス 4 : 熊本の家 4〜詳細な模型〜」の話でした。

熊本の家:コンセプト模型

今回は、コンセプトを表現する話です。

コンセプト模型は、コンセプトを表現するには最も適していると思います。

内部空間をもう少し表現したアクソノメトリック・パースペクティブは、建主にも分かりやすく、イメージしやすいです。

模型同様、パースには人を入れましょう。

スケール感と雰囲気が、
グッと強く表現されます。

熊本の家では、2階のテラスで子供たちが遊ぶイメージがありました。

「子供たちが遊んでいる」雰囲気を表現しています。

アクソノメトリックは、空間構成がよく分かります。

ここでは、壁面一つを消して表現しています。

「1階リビングと2階の廊下(道空間)をつなぐVoidがどのようになっているのか」を検証します。

コンセプトを、模型とはまた違う角度から、考えることが出来ます。

これらの図面は、
作品のコンセプトを明確に表現します。

作成して、「作品のConceptを再検証する」ためにはとても役立ちます。

配置図(Copyright : YDS)

設計中・あるいは工事中に作成すると、より設計が発展します。

現実的には、納まりやコストの調整等で手一杯となり、難しいのが実情です。

こういう図面を作成してみた後は、自分の頭の中でイメージを作って、楽しみながら設計を進めます。

頭の中で、デザインを
再確認してゆくのも良いですね。

完成写真は、下記からご覧ください。

目次
閉じる