自然光の入るあたたかな住まい〜熊本の家 3〜|東京の建築設計

前回は「自然光の入るあたたかな住まい〜熊本の家 2〜」の話でした。

テラスからの光とトップライトの光が、メインテーマの熊本の家。

他にも、様々な「光の演出」を考えて設計しました。

豊島の家とは異なり、テラスの周囲は全面ガラス張りにしませんでした。

子ども部屋に至る廊下は「道空間」と考え、
スリットからの光をつくりました。

熊本の家:二階廊下

細長いスリット状の光が壁面と天井を鮮やかに照らし出します。

熊本の家:階段

テラス付近にある階段には、テラスからの光が壁面を反射して広がり、淡い光に変化するイメージでデザインしました。

書斎には西に面するハイサイドライトを設置し、午後は光が強く差し込みます。

ハイサイドライトは、太陽の向きによって
彩りが大きく変化します。

熊本の家:書斎

プライバシー重視の寝室は、南に面するハイサイドライトをつくりました。

昼間は光が燦々と降り注ぎ、夕方からは落ち着いた淡い光が空間を満たします。

熊本の家:寝室

「光で住まいをつくりたい」という思いから設計した熊本の家。

熊本の家:コンセプト模型

様々な光を感じられる
空間となりました。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。


目次
閉じる