前回は「茨城の家 26〜建具枠工事〜」の話でした。
YU_c450
今回は、階段の工事の話です。
内部の壁の下地工事が完了してくると、天井の下地を組みます。
HI050223_128m
天井下地工事
断面が小さい木材を縦横に組んで、天井を貼るための下地をつくります。
ここで精度良く下地を組むことが、綺麗な納まりの建築をつくるために大事なことです。
茨城の家の階段は、シンプルな直階段です。
吹抜とヴォイドのテラスに隣接する位置に配置しました。
HI-d05
茨城の家:模型(Copyright : YDS)
「吹抜を感じながら上がり降りする」イメージです。
練馬の家の階段のように、跳ねだしなどは、ないオーソドックスな階段です。

階段は両側の「桁」という厚めの木材で支持するタイプです。
まずは、桁をしっかり加工します。
HI050223_132m
階段工事 1
熟練の大工さんが、丁寧に階段を差し込む穴を開けてゆきます。
そして、階段の桁が完成しました。
HI050223_138m
階段工事 2
このどっしりとした大きな桁を階段を設置する壁に埋め込んで、両側で段板を支えます。
では、桁を壁に設置しましょう。
HI050223_143m
階段工事 3
階段は、人の体重がどっしり乗っかり、移動するので頑丈に作る必要があります。
ここでは、桁を大きめのビスで柱に打ち込んで、しっかりと留めています。
だいぶ内装工事が進んできました。
次回は、外壁工事です。
完成写真は↓です。

模型写真・ドローイング等は↓です。
↓クリックして応援してください!↓
にほんブログ村 住まいブログへ