MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

豊島の家 17〜庇工事〜|東京の建築設計から

前回は「豊島の家 16〜天井断熱工事〜」の話でした。

豊島の家:庇工事

豊島の家の庇は、作り付けの特注のスチール庇です。

四角い箱のデザインから、スッと庇が出て、すっきりとしたデザインとしたかったのです。

スチールやアルミの庇は既製品もありますが、

出来るだけシンプルな、
薄い板にしたい!

と考えました。

スチールの板は薄い方が良いのですが、あまりに薄いと風圧に耐えられません。

そこで、およその風圧を考えて、出来るだけ薄くしました。

そして、外壁と庇の接合部には、台風などの際に非常に大きな力がかかります。

接合部は、かなり強めに接合して、多数のボルトで止めて、木造の構造と一体化しました。

ここまで頑丈に作れば、
台風でも全然大丈夫です。

豊島の家:庇工事

写真では見えないですが、内部には構造の梁の上部に補強の木材を配置しています。

梁と同材の大きな部材で補強して、かなり頑丈に作りました。

豊島の家:外壁工事

もうすぐ外壁工事が始まります。

そこで、胴縁の施工状況を改めて確認しました。

外壁の出隅となる部分などは、胴縁を念入りに施工して、さらに空気が少し通るようにしました。

これで、通気工法と構造的な安全性が保てます。

豊島の家:外壁工事

キュッと張り出したシンプルな庇がついて、いよいよ外壁材を貼ってゆきます。

防水などの収まりを最終確認して、次回は外壁設置工事です。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次