姫路城で、お月見しよう

前回は「夏の夜を彩るヒメボタル」の話でした。

こんにちは。

みなさんの地域の中秋の名月はどんな満月でしたか?

姫路城ではコロナ後3年振りとなる、観月会が開催されました。

天気にも恵まれて、素晴らしい月を眺めることが出来ました。

結構賑わってるんだね。

屋台とかも出てるよ。

お城の前の芝生では、沢山の人が宴会をしていました。

楽しい雰囲気です。

月は、お城より大分東側にあるのかぁ。

広角レンズがあれば、お城と月を一緒に写すことが出来たかもしれません。

お城を眺めたり、満月を見上げたり、交互に楽しみました。

まさに、夜空にぽっかり浮かぶという
表現がぴったり!

そうか!
風景を遮る電線や電柱がないからだ!

姫路城周辺だけは、景観に配慮した計画になっています。

写真を撮る時には、よく

ここからだと、
電線が写るから場所を変えよう。

という事があります。

お城周辺はそのような懸念がなく、純粋に美しい景色を切り取ることが出来ます。

桜が咲く頃の、お花見や紅葉は観光客で賑わう時期です。

“世界遺産のお城と満月を見る観光”というのも、私は姫路でとてもおすすめしたいです。

目次
閉じる