地中海の美しい島々 15〜青い雨戸・青い配管・ミコノス島・ギリシャ〜|東京の建築設計から

前回は「地中海の美しい島々 14〜体験した空間を設計に活かす〜」の話でした。

目次

青い雨戸・青い配管

ミコノス島の路地(新建築紀行)

しばらくの間、細い路地が続きます。

少し湾曲している道空間が心地よく、楽しい気持ちになります。

青い雨戸付きの窓や、青い配管が目立ちます。

「青い雨戸」や「青い配管」は、基本的に日本建築にはない要素です。

かなり濃い青色で、白や茶色の壁に対して非常に目立ちます。

非常に珍しく、すこし鮮やかすぎる色ですが、

目立ちますが「邪魔」ではなく、
キリッとした感じが良いですね、

壁に穴が開けられて、電気メーターのようなものが露出しています。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

個人邸と思われますが、木製のドアが鮮やかです。

左奥に電柱が見えます。

多少電線が邪魔ですが、すっきりした電柱で日本と比較すると、絵になります。

鮮やかな白い壁面が、木の扉を引き立てます。

オレンジの壁面

ミコノス島の路地(新建築紀行)

今度は、オレンジ色の壁面です。

先ほどの青色などと比較すると、オレンジ色は建築には非常に使いにくい色です。

青色も使うとすると難しいですが、淡い青・淡いオレンジならば、保育園や幼稚園で良いかもしれません。

上の写真のオレンジは、非常に濃い色で、デザインに使用するのは躊躇われる色です。

あまり品の良い感じになりにくいオレンジですが、このミコノス島では意外と親和性があります。

不思議な可愛らしさが感じられます。

ミコノス島の路地(新建築紀行)

少し広い路地に出てきました。

グレーの扉が多くなり、周囲と調和させようと考えているように感じます。

この周辺は、壁にボコッと穴を開けて電気メーターを納めている家が多いです。

無造作に感じますが、それもまた自然な感じに見えます。

非常にカラフルな窓や壁面が出てきて、楽しい気持ちになりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次