地中海の美しい島々 9〜体験した空間を設計に活かす〜|東京の建築設計から

前回は「地中海の美しい島々 8」の話でした。

起伏に富んだ「歩いて楽しい」空間が続きます。

ミコノス島の階段

突然、狭い階段が出てきました。

6段の階段ですが、人が一人ギリギリ通れる幅ですね。

緩やかに湾曲しているところが、
また面白いです。

ミコノス島の路地

少し広いところに出てきました。

白い壁に青いドアが、不思議な統一感があります。

チャーミングな雰囲気ですね。

電線が少しありますが、それほど邪魔ではなく、ビシッとした街並みが広がります。

ミコノス島の路地

日本の山と比較すると、少し岩が多い感じのゴツゴツした山々。

大きな岩のような山に対して、白や焦げ茶色の壁が映えます。

ミコノス島の路地

緩やかに傾斜した道空間から、ぐっと急勾配な階段で上がる家がありました。

7段の階段で、非常に勾配がきついです。

お年寄りには厳しい階段に感じますが、こういう「ちょっと無理した」感じも面白いですね。

目次
閉じる