地中海の美しい島々 2〜海と一体となった街〜|東京の建築設計から

前回は「地中海の美しい島々 1〜海と一体となった街〜」でした。

今回はミコノス島を巡ります。

船は港に近づき、いよいよ湾の中に入ってきました。

ミコノスの港湾 1

島に近づくのは、
ワクワクしますね。

ミコノスの港湾 2

そして、下船して上陸です。

すこしどんよりした天気ですが、このギリシャならではの街に足を踏み入れると、テンションが上がります。

ミコノスの港

街を歩き始めましょう。

ヨーロッパの街というと、
「広場」がすぐに思い浮かびます。

日本には神社の境内などが歴史的に「広場の役割」を果たしたとも言われます。

日本は近代まで、ヨーロッパ的な囲まれた広場はあまりありませんでした。

ミコノス島の通り

上陸して少し入ったところの通りです。

店がたち並んで、向こうには山がこんもり見えます。

「歩きたくなる」空間ですね。

建築設計のアイデアとして、「道空間」を大事にしています。

設計の際、こういう街の実体験を設計に活かしています。

次回は、さらに街を歩きます。

目次
閉じる