MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

パッと見てわかりやすい図面の工夫|東京の建築設計

前回は「なるほどという納得・こんな感じなんだという感動を体験できます!」の話でした。

こんにちは。

一般的になじみのある図面と言えば、間取りがわかる平面図なのかなと思います。

○○帖って表記があるけど、
大体この部屋は何メートル×何メートルくらいあるんだろう。

テレビを置きたいけど、
ここの壁は何センチくらいかな。

このソファとテーブル置く広さはあるかしら。

と間取りを見ながら考えるのではないでしょうか。

寸法は一番気になるポイントだと思います。

なるべくわかり易く、詳細に記載するよう心がけています。

特に水回りの図面は、拡大して、棚の位置や、取っ手の形などまで、はっきりわかるように書いています。

人型を入れるとさらに生活感もでて、より実感できる図面となります。

住まう方にとって、大切な図面や様々な情報。

わかり易くお伝えしたい、と心がけています。

建築業界では、寸法単位としてmmを使います。

例えば、ドアの幅75cmではなく750mm、天井の高さは2.4mではなく2400mm、と表記します。

私自身も建築学生になるまではあまり使わなかったので、最初は不思議だなと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次