なるほどという納得・こんな感じなんだという感動を体験できます!

前回は「わくわくする間取り:テラスとお部屋の関係」でした。

お客様との打ち合わせで設計が最終段階に入る頃には、大きな模型を作成して検証します。

実際の1/20~1/30の大きさで外部も内部も出来るだけ忠実に再現した模型をお見せしています。

家具や人、植栽もあります。

大きい模型は、ただ上から眺めるだけではもったいないです。

触って大丈夫?と、躊躇しないでください。

せっかくミニチュアの、ご自宅が目の前にあるのです、是非家の中を体験してください!

ここで先ほどの疑問、体験って入れないのにどうやって?!そう思うと思います。

私たちは、模型の外壁の一部を取り外せるように作っています。

そこから覗き込むようにして、家の中を見てください。

目線を床のあたりから平行に見たり、床から見上げたりすると、まるで家の中にいるような気持ちになります。

玄関からこんな感じで入るんだ!

リビングが思ったより広いね!

吹き抜けから上の部屋が見える!

こっちにも窓があったらいいのに!

そんな感想が出てくるかもしれません。

CGやスケッチでは出来ない、体験という可能性を模型は持っています。

少しでも、“模型”について興味を持ってもらえたら嬉しいです。

「次はどんな模型を作れるんだろう」と毎回楽しみにしています。

余談:模型で使うプラスターボード等の材料は、カッターで切ります。

慣れるまで、何度指を切ったことか数えきれません。

その点においては上達したと自負しています 笑!

何事も経験ですね。



目次
閉じる