土間をSOHOとして活用するシェアハウス④

前回は「土間をSOHOとして活用するシェアハウス③」の話でした。

DOMA SOHO模型

こんにちは。

各個室に広い土間があり、共用空間も土間がテーマのデザイン。

設計図面と模型が完成しました。

これは面白い案が出来たね。

ネーミングは、どうしますか?

設計案は、ネーミングも大事です。

コンセプトを端的に表す、タイトルが欲しいですね。

DOMA SOHO模型

土間とSOHOがテーマだから・・・

”DOMA-SOHO”で行こう!

いいネーミングですね。

私たちのデザインを、不動産会社に提案します。

これは面白いデザインだね!

時代にもあっているし。

早速、コストを出してみよう。

気に入っていただき、嬉しく思います。

DOMA SOHO模型

建築費を出すには、ある程度時間がかかります。

経験の深い不動産会社や建設会社は、「概算建築費」を経験からザックリ出します。

「概算費」は、会社にもよりますが短期間で出ます。

俗にいう「大体坪〜円くらい」ですね。

コスト面でも、非常に採算性が高い。

これは、自信持って、オーナーに提案できるね。

DOMA SOHO模型

まだ実現には、時間がかかりそうです。

新しいコンセプトとデザインがつくれ、他のデザインにもつながりました。

個人邸や集合住宅、幼稚園などの設計以外にも、現代社会において求められる多様なライフスタイルに寄り添った設計も提案しています。

リノベーションによって、新たな生活スタイルを生み出したいと思います。

そして、昨今提唱されているSDGsにも建築面から出来ることを発信していきたいです。

目次
閉じる