MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

アイデア:多様なる共生 7〜熊本の家〜|東京の建築設計から

前回は「アイデア:多様なる共生 6〜茨城の家〜」の話でした。

熊本の家:夜景

今回は、熊本の家における多様なる共生の話です。

戸建住宅を創り出す時、周囲の街並にどのように調和するか、溶け込むか、を考えています。

コンセプトある住宅を創るとき、周囲の家々とは異なったデザインとなります。

それは周囲の街のコンテクストへ、新たな楔を打ち込むようでもあります。

それでもなお、周囲から浮くことなく、街並の一つとして佇んで欲しいと考えます。

熊本の家:外観

「熊本の家」では、内部の吹抜と2階の外部テラスの空間構成と街並の関係を考えました。

立方体の白い箱に、テラスがヴォイドとして貫入するデザイン。

それが風景の一つとなった時、
どのようになるかをイメージしました。

白い箱が街並から浮くことなく、その個性を際だたせながらも調和、共生するイメージを意図しました。

熊本の家:庭

「2台分のガレージ」という建主の要望に対し、ガレージの屋根をメインボリュームの白い箱と一体として設計しました。

白い箱に対して、薄い白い板が浮遊しているイメージです。

熊本の家:コンセプト模型

このイメージを形にするために、ガレージ屋根は端部を本体と接続しました。

そして、本の細い鉄柱で支え、屋根が跳ね出す構成としました。

白い直方体の隙間からは、住まい手は1階リビングや2階のテラスから「自分だけの空」を臨むことが出来ます。

熊本の家:テラス

この「縁取られた空」を風景・街並の一つとして活かしました。

白い箱とヴォイド・浮遊する白い板・縁取られた空の3つのデザイン。

これらのデザインが新たな風景を生み出し、都市へ関わってゆきます。

完成写真は、下記からご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次