MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

意外と大切なコンセントの位置と個数|個人邸の建築設計

前回は「スイッチプレートへのこだわり」の話でした。

熊本の家:書斎

こんにちは、村木です。

普段過ごしていて、

ここにコンセントが、
あればいいのになぁ

と思う事ってありませんか?

もう少し左側にあったら、
良かったのに。

と思うこともあるかも知れません。

熊本の家:二階洗面

私は生活していて、家の至る所で色々と思うことがあります。

泡だて器を使いたいけど、
コードが届かない・・・

テレビの位置を変えたいけど・・・

こっちの面には、
テレビ用のコンセントが無い・・・

豊島の家:キッチン

私たちは設計の段階で、

ここにあったら、
生活しやすいかな。

と、建主の生活像を思い浮かべながら、コンセントの位置も決めています。

キッチンには、
多めに欲しいかな。

ここにあったら、
掃除機をかけるときに便利かも。

建主の生活を、具体的にイメージします。

蚕糸の森アパートメント:リビング

工事が始まってから、追加や変更する場合もあります。

デザイン面も考えて、
位置を決めます。

なるべく見えにくい位置にして、壁をすっきり見せることも大事です。

ちょっとした配慮が、
おしゃれな空間づくりにつながります。

かつ、機能面からも検討して配置しています。

延長コードを使うのも、時々小さなストレスになりますよね。

快適に暮らしてほしいという願いをこめて、

細部まで、
デザインします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次