スイッチプレートへのこだわり

前回は「建築家の建てる家ってどれくらいかかるの?」の話でした。

豊島の家:キッチン

こんにちは。

今回は、普段何気なく使いながらもあまり注目はされてない存在の、スイッチプレートの話です。

私たちのこだわりを、ご紹介したいと思います。

豊島の家:個室とテラス

電気をつけたり消したりする時に、毎日必ず使うスイッチ。

こだわるところなんてあるの?と思うかもしれません。

機能していればそれでいいとも言えるかもしれませんが、

私たちは細部まで、見た目にこだわっています。

パチっと押すスイッチとそのスイッチをカバーするプレートにも、実は色々なメーカーがあってデザインもそれぞれです。

最近はDIYも流行っているので、スイッチのカバーを付け替えるなどご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

私たちが、よく使うものをご紹介します。

写真に写っているプレートは「神保電器」NKシリーズです。

形がシンプルで、線や色などもなく白一色となっていて、角が角ばっている形がとてもスタイリッシュです。

美的感覚は人それぞれ違いますが、

私たちはこちらのものが美しく、とても気に入っています。

HKP171m

正直なところ多少値段は上がりますが、デザイン性が抜群に優れていて他のものと比べると

とても上質な雰囲気を感じます。

少しマイナーな部分ではありますが、こういう細部のこだわりも素敵な家づくりにつながっていると思います。

目次
閉じる