MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

アイデアはこんな感じで考えています③|東京の建築設計

前回は「アイデアはこんな感じで考えています②」の話でした。

こんにちは。

今回は、本棚の家2の設計案を考えたときの過程をご紹介したいと思います。

こちらは個人邸のリノベーションになります。

吹抜けがあった部分に床を貼り、「2階に子供部屋を2部屋増築して欲しい」というご依頼がありました。

建主は、非常に沢山の本をお持ちでした。

本棚で各部屋を仕切る、という案をもとに、
設計を進めました。

まずは大きな本棚をつくります。

本棚の家 2:プロセス(Copyright : YDS)

様々な種類の本をお持ちでしたので、色々なサイズに対応できる本棚としました。

新書や漫画など小さいサイズのものから大きな図鑑まで、様々な本を収納できます。

本棚の家 2:プロセス(Copyright : YDS)

その本棚で、2階のリノベーション部分を子供部屋と書斎に分けます。

大人もちょっとした作業をすることが出来るスペースとして、書斎はコンパクトでもあると便利な空間です。

本棚の家 2:プロセス(Copyright : YDS)

そして2階の動線を確保するために、本棚の一部を開けてドアとしました。

開口として本棚の一部をくり抜き、奥へ押し出すイメージです。

本棚の家 2:プロセス(Copyright : YDS)

壁面を本棚とすることで、収納力も増え、本を身近に感じる生活を実現できると思いました。

使い勝手とオリジナリティを考慮した本棚によって、暮らしの質がぐんと上がったと喜んでいただきました。

私たちならではの設計で、こんなリノベーションも出来ます!という
デザインをこれからも提案していきたいです。

 竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次