MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

子供の感性を養う住まいの環境②|日々のくらし

前回は「子供の感性を養う住まいの環境①」の話でした。

練馬の家:リビング

前回に続き、子供にとっていい環境の住宅を紹介します。

練馬の家では細長い窓、スリット窓というものを設置しました。

この窓の特徴は、季節や時間で
光の入り方が変わることです。

この時は西側に設置したので、西日が強く入る時が最も印象的になるように計画しました。

練馬の家:リビングとテラス

自然の光の入り方をデザインに活かすことを考えています。

このような発想は、建築側からの視点です。

普段の何気ない景色から自然に興味を
もつきっかけになるといいな、と思います。

子供の感性が育つ環境づくりも考えて
設計しています。

練馬の家:リビング

外にいたら気が付かなかったとことでも、
色々と気づくことがあります。

家の中にいる時に、

「今日はこんな天気だから、こういう風に太陽の光が入ってくるんだね」
という会話をしてみるのもいいですね。

勉強勉強!と机を作って学習スペースを与えるだけではなく、感受性が育つ住まい。

「子どもが、将来的に伸びるように成長して欲しい」という思いを胸に設計しています。

そのためには、多方面から色んな感覚を身につけて、子供の成長をサポートできる空間をつくっていきたいです。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次