本棚の柱:リノベーションの設計プロセス②

前回は「本棚の柱:リノベーションの設計プロセス①」の話でした。

本棚の柱:初期案1/50模型(Copyright : YDS)

まずは大量の本を整理できる本棚を、デザインします。

本棚のある家という案でスタートします。

「本棚の壁」のように、本棚をメインコンセプトに
しよう。

はい。
その時の案を参考にしますか?

まずは、シンプルな本棚を、
キッチンとリビングの間に配置してみようか。

本棚の柱:初期案1/50模型(Copyright : YDS)

初期の案では、廊下の壁沿いに本棚を作ります。

さらに、キッチンとリビングの間にカウンターと本棚を置き、空間を分けます。

L字の本棚でキッチンとリビングを分節する、という明快な計画です。

シンプルな案だけど・・・

もう少し、デザイン性を出そう。

「キッチンとリビングを少し区切りたい」
という建主のご要望もありますね。

本棚の柱:初期案1/50模型(Copyright : YDS)

この案だと、今の対面式キッチンと同じくらい
キッチンが見えてしまうね。

もう少し、キッチンが隠れる方が
良さそうですね。

最初の設計案は、比較的シンプルな案となりました。

本棚の柱:初期案1/50模型(Copyright : YDS)

そこで、建主の要望を踏まえた上で、もう少し案を考えてみます。

少しシンプルすぎるから、
もう少し躍動感を出したいね。

模型で、いくつか検討してみます。

次回は、案を発展させていく話です。

完成写真は、下記からご覧ください。

目次
閉じる