MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishThaiTurkishUkrainianVietnamese

新しい商業施設の計画・デザイン 2〜コンセプト〜|東京の建築設計

前回は「新しい商業施設の計画・デザイン 1」の話でした。

ツイン・ゲーブル(Copyright : YDS)

こんにちは。

商業施設の設計依頼を受けて、どのように建物の設計案を考えているのかについて、ご紹介したいと思います。

今回の場所が、郊外にある「ゆとりある敷地」ということが最も大事なポイントでした。

高さを抑えて、
周辺に調和する建築が良いな。

と考え、低層の木造建築で、

そこに訪れる人たちが、
ほっとできる空間と場所にしたい。

という発想から始まりました。

ツイン・ゲーブル(Copyright : YDS)

心が落ち着く場所の一つには、家があると思います。

家の形というと、勾配のある屋根の形が一般的です。

そこで、勾配屋根の種類の中から切妻屋根をとりあげ、デザインの主軸とします。

ツイン・ゲーブル(Copyright : YDS)

シンプルな山型(切妻)の屋根で、

利用する方が、
覚えやすく印象に残る建物になるといいな。

と思いながら設計します。

周辺地域にも馴染む景観となるような配慮も、設計の際には、とても大事です。

ツイン・ゲーブル(Copyright : YDS)

建物のボリュームを検討するにあたり

施設に必要なスペースや、私たちが提案するテラスや光庭などを組み合わせて、デザインを進めます。

そしてその一つの単位を並べ合わせて建物のボリュームを作り出します。

さらに屋根の勾配具合をみながら、最終的に外形を決定します。

ツイン・ゲーブル(Copyright : YDS)

また、木造の構造として、柱梁を見せるデザインとして木調の要素を全面に出しました。

木の温もりを感じられる空間とすることで、さらに親しみやすい場所を目指します。

ここの地域らしさ、良さを
デザインで表現して、

さらに街が活気づくような
建築にしたいね。

建築が、
街に活気をもたらすようにしたいですね。

あらゆる世代の方に、
利用してもらえる施設にしたいですね。

このような「建築への想い」を抱き、検討しながら、設計を進めていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次