シンボルツリーのある家|東京の建築設計

前回は「シンボルツリーのある住まい」の話でした。

練馬の家:テラス

こんにちは。

「木の床と壁に囲まれた木の空間」というコンセプトの、練馬の家のテラス。

練馬の家では、テラスの一部にシンボルツリーを植えるスペースを確保しました。

この時は、シマトネリコという樹木を選びました。

練馬の家:リビングとテラス

リビングからも眺められる位置にあります。

自然の癒しを感じながら、過ごすことが出来ます。

ウッドデッキや道路からの目隠しには、床と同じ種類の木材で仕上げました。

ダイアグラム(Copyright : YDS)

シンボルツリーと木の自然に囲まれた気持ちのいいテラスとなっています。

吉祥寺の集合住宅:エントランス

吉祥寺の集合住宅では、入居者専用の中庭があります。

壁面に空いた大きな四角い開口をあけたので、外部の人たちもシンボルツリーを見ることが出来ます。

住んでいる人たちの為だけのものではなくて、緑の存在が街の景観の一部となるように設計しました。

樹木が街に語りかけるイメージです。

私たちがその建物に合った樹種をおすすめしています。

建主の思い入れのあるものがあればそれを使い計画していくことも出来ます。

暮らしに緑を添えて豊かな家づくりを提案しています。

目次
閉じる