MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

ひそかに憧れている家庭菜園

前回は「“揖保乃糸”ってこんなに色々な商品があるんだ!」の話でした。

こんにちは。

余裕が出来たら家庭菜園をやってみたいな、と思うことがあります。

これからの季節、特に夏はきゅうりやトマトなど、比較的育てやすい夏野菜が沢山出来る時期ですよね。

私の実家でも、色々な野菜が取れるので、いつも感心しています。

育てやすいとは言っても、毎日の水やりや、間引き、防護ネットで保護したり、大変です。

また、虫対策など手間や時間を費やして、作業が大変だなと思っています。

重い腰はなかなか上がりませんが、実家で実ったものを収穫している子供の姿をみていると、嬉しくなります。

こういう「体験をさせてあげること」って
大切だなとも実感します。

特にブルーベリーは、簡単に取れて食べやすいです。

子供が夢中になって、
何度も収穫していました。

自分で取った物をその場で気軽に食べられるという、新鮮なものを手に入れられるのも家庭菜園ならではですよね。

プロの農家さんではないので、時には巨大きゅうりになってしまうこともあります。

収穫を忘れて気がついたらピーマンが大量になっている!なんてこともあります。

うっかり話で面白いです。

普段の生活の中で自然と季節の物に触れられることも素敵ですよね。

春に咲く花や夏になる物など、子供には「ただ勉強で覚える」のではなくて、広く興味を持って欲しいです。

「何気ない身近なところから感覚的に、
身についてくれたらうれしいな」と思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次