居心地のいい水回り位置への配慮|東京の建築設計

前回は「やっぱり気になるコストのこと」の話でした。

熊本の家:リビングの本棚と机

今回は、お風呂やトイレの場所を考えます。

水回りの空間は、メインで過ごすスペースからワンクッションおいた間取りにしたい、と思う方が多いかなと思います。

熊本の家:リビング

日常で、よく使う場所です。

行きやすく、かつさりげなく使えるプランを
提案することを心がけています。

熊本の家では、リビングの奥側、階段でやわらかく仕切りを作って、その奥に洗面室のドアを設置しました。

熊本の家:模型

お手洗いの個室は、洗面室から入るプランです。

リビングに居る人も、トイレを使用する人も気にすることなく過ごせます。

また、お風呂と洗濯スペースは、洗面室の奥側に配置しました。

来客の時に洗面室を利用してもらう際は、
家族以外にはあまり目につかないよう配慮しています。

熊本の家:洗面室

天井には、カーテンレールを設置しています。

カーテンをつければ、来客の方に浴室や衣類の置いてある棚などを、見られない様にもできます。

どこにいても気持ちよく過ごせるこまやかな配慮を、
女性目線で設計して提案していきたいです。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる