MENU
GTranslate
Chinese (Simplified)EnglishFrenchGermanHindiItalianJapaneseKoreanRussianSpanishTurkishUkrainian

練馬の家を振り返って|個人邸のリノベーション

前回は「こんな建物があったらいいな アイデアは無限です③」の話でした。

解体工事

こんにちは。

リノベーションはまず、解体するまでがドキドキということがあります。

練馬の家では、上棟の時の写真が何枚もあり、設計段階から軸組を割と把握できた為スムーズに進められました。

新築時上棟写真

写真を見ながら、ここの梁は大きいから梁せい(梁の高さ)は300mmだろうな、など想像します。

まずは、調査・写真をもとに、
図面を復元しました。

ここは筋交があるから補強して壁にしよう、
など考えました。

それでも、想定外のこともありました。

柱があるとわかっていた場所に柱はあったものの、えぐられている部分も大きく、そのまま使うことは出来ない既存柱もありました。

断熱工事

リノベーションでは、可能な限り構造体は活かしたいという思いがあるのです。

臨機応変に、対応しなければならないことも
出てきます。

使えると思った柱を交換しないといけない!

テラスをつくる際に木の壁で囲むということにしましたが、元々はブロック塀で囲われていました。

家側から見た時に、ブロック塀の手前に木のルーバーで覆ってつくれば全体的に木の空間になると思い設計しました。

実際は、ブロック塀が積み上げられている途中途中に、
控え壁のブロック塀がありました。

控え壁は支えになっているので、外せないのです。

外部テラスの「木の壁」工事

本来はスッキリした木の壁面としたかったのですが、直交した部分はぼこっと出てしまうことになりました。

それでも、職人さんに同材で綺麗につくっていただき、目立ちすぎず馴染む仕上がりとなりました。

しっかり現地を見ていても、気が付かない所もあるんだな。

階段工事 1

階段はデザイン的にも機能的にも何度も検討を重ねた部分でした。

図面上は成り立ち、模型では簡単につくれたとしても、本当に作り上げられるのか、期待と不安がありました。

手摺をどう固定するかなども、色々と案を考えました。

出来上がった階段を上り下りした時は、
嬉しさと安堵の気持ちでいっぱいでした。

階段工事 2

想定通りに完成してよかった!  と思いました。

プロジェクトごとに、毎回様々な問題に直面します。

一つ一つ丁寧に解決して、
最終的に納得のいくものに仕上げてゆきます。

思いの詰まった建築が完成した時、
建主に喜んでいただけることは建築家冥利に尽きます。

これからも知識と経験を積み上げていき、より洗練された設計を目指していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次