シンプルで機能的な玄関|東京の建築設計から

前回は「たくさん入る土間収納〜機能的でなんでも入れられる収納〜」でした。

今回は、玄関の話です。

玄関は毎日出入りする場所で、来客の方に対しては「家の顔」になりますね。

玄関から廊下を通って・・・という家が多いのですが、私たちが設計する家では廊下は作りません。

玄関から入ったら、すぐにリビングなどに続きます。

廊下もリビングと玄関に一体化して、
合理化しています。

豊島の家:玄関から見る

親戚や知人以外に宅配業者の方など、様々な方が出入りする玄関。

リビングが、全部見えるのは
ちょっと・・・

というご意見を伺うことがあります。

その場合は、リビングのメインとなる部分は、
玄関からは見えないように配慮します。

豊島の家では、玄関からはキッチンが見えますが、玄関周辺の空間もリビングの一角として設計しました。

そして、玄関からもリビングからも、洗面室へ至りやすい動線にしました。

豊島の家:玄関 1

玄関はシンプルにすっきりと作り、靴箱も造作で制作しています。

靴箱の上には、ちょっとしたものを置いたり、花瓶などを置けるようにしています。

ピクチャーレールを設置して、
写真や絵をかけられるようにしています。

コンセントも設置しているのが、
ポイントですね。

携帯などちょっとした電子機器の充電等にも使えます。

豊島の家:玄関 2

玄関脇には大きめの鏡を設置して、出かける前に「ちょっと姿を確認」出来ます。

また、本棚と収納を一体化した造作家具を設置して、たくさんの本が置けるように考えました。

本が並んでいると楽しいですね。

竣工写真は、下記サイトをご覧下さい。

目次
閉じる